校長ごあいさつ

校長安居健治

 4月に新校長として着任いたしました安居健治です。このたび、ご縁がありまして歴史ある相愛学園の一員となり、身の引き締まる思いでいっぱいです。相愛の教育の深化・充実に邁進するとともに、37年間の公立学校教員としての経験・ノウハウを活かし、伝統校に新風を吹き込んでまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、1888年に設立された相愛女学校に起源を持ち、130年にわたり、大阪の女子教育の一環を担ってまいりました。明治、大正、昭和そして平成と時代の変化とともに学校の様子も変わってまいりましたが、変わらないのは建学の精神である「當相敬愛」が謳うところを教育の基盤に据え、生徒たちが持つ潜在的能力を十分に発揮できる教育を脈々と行ってきたことです。
相愛を巣立っていった多くの卒業生の皆さんが、国内はもちろんのこと、広く国際社会において活躍していることは、在校生や教職員にとりましても、誠に心強いことであります。

 本校の特色ある学びに、「グローバル教育」があります。教育提携を結んでいる英国国立バンガー大学での語学プログラムや、音楽の国オーストリアでの音楽研修など、さまざまな海外研修を用意しています。また、スカイプを使った英会話学習など、国際交流を支える語学教育も充実しています。特色ある学びとしてもう一つ、「キャリアデザイン」があります。人生を輝かせるためには、豊かな知識とともに、女性としての強さ・美しさを身につけることが大切です。音楽、文化、語学など複数の講座を用意し、輝かしい未来のための自分磨きを応援します。

 校舎は大阪市中央区本町のオフィス街のど真ん中にあり、大阪メトロ御堂筋線・中央線・四つ橋線「本町」駅下車すぐのところに立地しています。梅田・なんばから約4分と、交通の便に恵まれていることから、大阪府内はもとより、近隣の京都府、兵庫県、奈良県や和歌山県、三重県から通学している生徒もいます。

 相愛中学校・高等学校にぜひ一度お立ち寄りください。
 生徒、教職員一同、いつでも歓迎いたします。