生徒一人ひとりのキャリアをデザインする新たな学びが始動!

身近なところ(ローカル)がグローバル化する未来社会。
そんな未来社会で世界・地域・人とのつながりに“響感”し、
人生の原動力として強く明るく生き抜く人間力を育てたい

校長安居健治

<校長からのメッセージ>
相愛中学校・高等学校は、仏教の教えにもとづく「自利利他」と「共生」の本質を、主体的かつアクティブに探究する学びを提供し、未来社会を生きる生徒一人ひとりの個性あふれた人間力(キャリアデザイン能力)をはぐくみたいと考えています。

現在、国際社会では、貧困や不平等、環境課題などのあらゆる社会課題に対して、世界中の国、企業、団体、そして何より私たち自身が“行動”し、より良い未来社会を実現していこうとする動きが広がっています。それが2015年国連サミットにおいて提唱された「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」で、この目標達成に向けたさまざまな活動が国連グローバル・コンパクト(UNGC)です。これは「誰一人取り残さない」世界を実現しようという壮大なチャレンジです。2019年1月に、本校はこの取り組みを日本で推進するグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)に加盟申請し、承認されました。

131年という長きにわたり、大阪の御堂筋という世界に誇るビジネスの中心地で、「北御堂さんの学校」として親しまれてきた本校の特色ある教育に、SDGsをコンセプトにした学びが新たに加わります。
大阪という地域社会がグローバル化する中で、SDGsの達成をめざしつつ、心豊かなまちづくりに積極的に貢献することで、生徒たちは「自分の学びや努力は、かならず誰かを幸せにする」という意識が心に響きわたる(響感する)はずです。さらに、それが学習へのより高い目的意識と主体性へとつながり、自己内省と他者への敬愛の心に裏づけられた協働をとおして、生徒のキャリア形成に必要な力が育成されると確信しております。
また、これこそが、世界に通じる「質の高い教育をみんなに(SDGs目標4)」として、必ずや、社会を豊かに生き抜く生徒たちの確かな行動力へと結びつくはずです。

相愛中学校・相愛高等学校 校長 安居健治

SDGsとは?

校長安居健治

SDGsでグローバルな学びを

SDGsで世界(グローバル)の学びを
SDGsで地域社会(ローカル)のために
SDGsで私の未来(キャリア)を輝かせる

SDGsアクティブラーナーを体験

「やりたくないなぁ…」を「やってみよ!」へ成長する学び

●中学1・2年生は本格的な探究の学びへと向かうためのきっかけを探ります。
●日常の「教科」と「体験」を、事前・事後学習などを通してリンクさせることで、生徒自身の学びへの興味と関心をはぐくみます。

SDGsアクティブラーナーとしての基礎力
~プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を育てます~

「やらないと」を「やりたい!」へ成長する学び

●すべての中学3年生・高校1年生がチームをつくり、身近な社会課題の解決法を探究し、チーム企画を考えてプレゼンテーションします。

○自分たちが作り上げた企画のプレゼンテーションを通して、人の心を動かすことを実際に体験します。
○困っている人の問題を自分事としてとらえることで、地域や社会の活性に寄与する力、小さな活動から社会を動かす力を育てます。

SDGsアクティブラーナーとしての実践力

「やりたい!」を「やれる!」へ成長する学び

龍谷総合学園*に加盟する大学と高等学校が共働して『まごころある国際人の育成~仏教×SDGs』をテーマに、日本最多で最大の規模をほこる学園の協力メリットを活かした高校生のための主体的な課題探究型の学習プログラムがスタートします(2019年より)。

●グローバル社会に貢献していく国際人としての能力と資質を磨く2泊3日の交流プログラムです。
●龍谷大学を中心とした加盟大学の教授や大学生からのサポートとアドバイスを受けながらのハイレベルかつアクティブな探究が魅力です。
●各学校の代表生徒たちがプレゼンテーションコンテストに参加します。

*西本願寺の関係学校によって構成されている日本最大規模の組織。(24法人、72学校)。

SDGsアクティブラーナーとしての実践

SDGsで社会のために!

高校3年生を中心として、生徒たちは本校独自の学び(自利)をもとに、世界(グローバル)と地域社会(ローカル)、そして人がつながり合う(共生)ための貢献活動(利他)を実践していきます。それによって、生徒たちは学習への目的意識と主体性、そして自己内省と他者への敬愛の心に裏づけられた協働性を身につけていきます

相愛版SDGsの活動紹介!

2019年10月12日

中学3年生 探究学習

探究学習としてSDGsに取り組みました。2学期は、SDGsの各目標に関して、日本や世界で発生している問題について調査し、学年全体で課題を共有しました。

詳細はこちら

2019年10月9日

中学3年生 探究学習「ソーシャルチェンジ」

「困っている人(事)」に対する問題点を考え、解決するための方法をグループで話し合いました。

詳細はこちら

2019年9月2日

学校代表 「仏教×SDGs 2019」夏期交流学習

龍谷大学で行われた「仏教×SDGs」夏期交流学習に2名の生徒が参加しました。2泊3日の合宿に参加し、協働して探究学習に取り組みました。

詳細はこちら

2019年7月13日

中学2年生 探究学習「戦争と平和」

二度と同じ過ちを繰り返さないために、私たちに何ができるのかを考えました。

詳細はこちら

2019年6月22日

高校2年生 探究学習

「身のまわりで取り残されている人を探す」ワークに取り組みました。グループに分かれて、何に困っているのか、どのように困っているのか、解決する方法はないのか、などについて思考を深めました。

詳細はこちら

2019年5月27日

中学3年生 探究学習「ソーシャルチェンジ」

「探究」活動を通して、仲間と力を合わせ、考え、行動し、自分たちらしい答えを見つけるために、「困っている人」をどのように助けるかについて考えました。


詳細はこちら

2019年5月25日

高校2年生 探究学習「SDGsとは?」

SDGsについてカテゴリーに分けながら学習し、次に、実際に社会で動き始めたプロジェクト例を学びました。

詳細はこちら

2019年5月25日

中学2年生 探究学習「戦争とは?」

日本の戦争の歴史、恐ろしさや、愚かさを学びました。

詳細はこちら

2019年5月17日

高校1年生 探究学習「ソーシャルチェンジ」

「日本一面白い学校をつくる方法」、「相愛高校を日本で一番有名にする方法」、「全校生徒で1億円稼ぐ方法」などについて、アイディアを出し合い、話し合いました。

詳細はこちら