11月27日(金)に、音楽科電子オルガン専攻によるコンサート「GIFT」を行いました。

オープニングは、恒例の電子オルガン講師の藤村先生のピアノで「真宗宗歌」から始まりました!



このコロナ禍で、開催を危惧いたしましたが、マスク着用、受付にて検温、手指消毒、座席の間隔をあけるなど感染対策を行い開演することが出来ました。声楽専攻の生徒数名も賛助出演し、素敵なコンサートとなりました。当日お越しくださいました保護者の皆さま、関係者の皆さま、そして朝からお手伝いや応援に駆けつけてくれた電子オルガン専攻の卒業生の皆さん、心より感謝申し上げます。誠に有難うございました。

以下、藤村先生からのコメントを紹介いたします!

去る11月27日の金曜日、私達音楽科電子オルガン専攻は、10回目を迎える電子オルガンライブ【GIFT宙-sora-@soai2020】を開催しました。当日はたくさんの方においでいただき大変感謝しています。ありがとうございました。

コロナ禍の中どのように活動出来るのか、しかも本番が近付くのと時を同じくして急増する感染者数。本番自体も行うことが出来るのか心配な時期もありましたが、幸い、感染対策の徹底をすることで予定通りライブをさせていただくことを認めてくださいました。

通常は開催2週間前からみんなで残って練習を積み重ねて作り上げていく方法を取っていたのですが、今回はコロナ対策で、残る日と帰る日を分けたり、全体練習は直前3日前からだけと、スケジュールも苦心しました。生徒達はその中で自覚を持って練習に取り組んでくれたようでここ数年には無いくらいスムーズに内容がまとまっていきました。生徒らにとって、みんなで仕上げていく講堂での練習の空間こそが大好きな時間なんですが、それが3日だけしかないのでもっとこの時間が続いて欲しいと思ってただろうなぁと...まぁ、それは私もですが...笑。なので、すぐに本番が来た印象です。

オープニングはGIFTの過去とこれからを表す楽曲『CADeauDIX』(カドディス)から始まり、前半は楽曲をじっくり聴いていただく流れ。後半はコロナ禍の中伝えたいメッセージを届ける思いで演奏は進みました。ぬくもりや癒し、幸せや平和を少しでも感じ取っていただけたら嬉しく思います。そして、恒例のメドレー企画ではヒット曲がたたみかけるように次々演奏され、どんどん会場のテンションも上がっていきました!見に来てくれてたクラスの友達もすごく盛り上げてくれて本当に嬉しかったです。最後のリレー演奏『上を向いて歩こう』ではリラックスした雰囲気で、最後もみんなでライブ感満載で盛り上がって終わりました!

GIFTは私達から皆さんへの贈り物です。

受け止めて下さったお客様がまたどなたかにGIFTな気持ちを届けて、それをまた次のどなたかが...というように、プレゼントすることでお互いの気持ちがほっこりしていってくれることを願いながら10回目のGIFTも幕を閉じました。

生徒達を常日頃ご指導くださる各先生方、そして普段の生活から励ましてくださるご家族の皆様、いつも本当にありがとうございます。

そして、また来年...お会い出来ることを願ってます!!ありがとうございました♪♪♪

電子オルガン専攻 講師 藤村亘


《当日のセットリスト》

1・CADeauDIX


2・You raise me up


3
The Girl in 14G


4・Moanin'


5・交響詩『ドン・ファン』より